無理せず健康的に確実に痩せられるダイエット法を、16kgダイエットに成功した現役エステティシャンが教えます

menu

半年で健康的に10kg痩せる!

エステ勧誘対策をエステティシャンが教えます

kotowari

「エステ体験に行きたいけど勧誘が怖い!」
そんな方のために勧誘対策、断り方をエステティシャン自らレクチャーします。





エステの勧誘とはどんなものか?

まず、エステはお店によって内容も効果も様々であることは
こちらの記事で説明しています↓

 参考:エステの施術時間、流れは?格安体験をハシゴしまくった感想(概要)

さて、我々がエステを利用するにあたり、
どのお店の、どのコースが自分にあっているのか
広告やHPを見ただけではなかなか判断出来ませんよね。

そのため格安の体験キャンペーンを利用して、
判断のための情報を得る訳ですが…。

仮に体験してみた結果がイマイチだった場合、
こちらとしてはそそくさと退散したい気持ちになりますが
お店側としてはやはり商売ですから、
それでも今後のコース契約を勧めてきます。

コース契約の勧誘の強さはお店によって異なります。
いろいろなお店の体験を行った私の経験上、
そこまでしつこく勧誘されたことはありません。
契約する気がないことを伝えれば引き下がってもらえます。

とはいえ、やはり勧誘を断るという行為自体が苦手であり、
お店とのやり取りに不安を持っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、せっかくエステに興味を持っているのに
勧誘を断れないのでは、という不安のせいで格安体験すら
チャレンジすることを躊躇っている方のため
今日は勧誘を断るポイントを紹介したいと思います。






エステ勧誘の断り方

カテゴリを整理して、以下10項目にまとめてみました。

■前準備で出来ること
1)クレジットカードを持っていかない
2)現金は体験料金以上を持っていかない
3)HPの注意事項が書いてあるページを印刷してもっていく(勧誘はしません。等の記載があると尚良し)

■内容に関して
4)結果がいまいちであることを伝える(むくみがとれれば数センチの減は割と普通です)
5)エステティシャンの不備を責める(説明不足や気遣い不足などなんでもよいです)
6)肌が弱いなどを伝える(カルテに記入出来なかったときは、書き忘れと述べる)

■その他の手段
7)収入面での不安や、親や彼氏がお金にうるさいので、許可が必要であると伝える
8)普段が忙しいので来れないことを理由にする
9)体験を受けにきただけだと告げる(地味に効果的)
10)ネットで強い勧誘を受けたと書くという(強攻手段)






あとがき

いかがでしたでしょうか。
基本的にこれくらい色々と心構えしておけば
断り切れないということはそう無いと思います。
各種体験キャンペーンは本当にお得な施術内容のモノが多いので
少しでも興味と時間のある方はぜひチャレンジしてみて下さい。


【おすすめ記事】

10kg以上痩せた!【実録】ダイエット成功者の体験談

エステは痩せない?効果あるのか?→10社の格安体験した結果・・・。

現役エステティシャンが有名店を体験レビュー!【エルセーヌ】★ここが一番痩せます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

10社以上試した中で最も効果があった エステ格安体験はこれ↓↓