無理せず健康的に確実に痩せられるダイエット法を、16kgダイエットに成功した現役エステティシャンが教えます

menu

半年で健康的に10kg痩せる!

水太り時の痩せ方とは?16kg痩せた水分コントロールのコツを解説!

water

水太りがなかなか解消せず困っていませんか?
あなたが痩せられない原因は水分コントロールが
出来ていないからかもしれません。
水分と上手に付き合うことでダイエットが驚く程楽になる、
そのコツを16kgダイエットに成功した筆者が解説していきます。




人体における水分の役割

まずは身体の中の水分についてちょっとだけお勉強してみましょう。
人間の体内にある水分の内訳は、

 ・血液
 ・リンパ液
 ・各内臓から分泌される液
 ・脳(約80%が水分です)
 ・筋肉(約80%が水分です)
 ・眼球(網膜の90%が水分です)

など、多岐にわたります。

どれも人間の生命を維持するために必要不可欠であることが
お分かり頂けるかと思います。

脱水症状で貧血、めまい、立ちくらみ等が起きるのは、
脳の水分が不足するためです。

視力が低下したり、視界がぼやけるのは、
網膜の水分が不足するためです。

運動する際にこまめな水分補給が必要だと言われるのは、
筋肉の水分量が不足することで運動能力が低下するためです。

このように水分は体の働きに大きく影響を与えています。






水分がダイエットに与える影響

さて、ではダイエットという観点で”水分”がどのように影響するのか考えてみましょう。
みなさんも良く知る身体の不調として、

【浮腫み】

と呼ばれる現象がありますよね。

実はこの【浮腫み】というのは、
体内の細胞に水分と老廃物が溜まってしまい、
膨らんだ状態のことを指しています。
(細胞内の老廃物は水分と一緒に排出されるため、
水分と老廃物はセットであると考えることが出来ます。)

体内に老廃物が溜まってしまうと、それが身体に悪影響を与えることで、
太りやすい体質になってしまう…
ということは、以前こちらの記事でもお伝えしました↓

 参考:太る体質とその原因は!?太る理由が分らない人は必見!

もう少し具体的に言うと、
細胞に老廃物が溜まった状態では

 ・活動が鈍くなり、細胞自体が劣化する
 ・脂肪の元となる成分が排出されず、脂肪細胞へと変化する
 ・さらに脂肪細胞同士が結合し、セルライトになる

といった影響が出ます。

そうです、女性の大敵「セルライト」の原因は【浮腫み】であり、
更にその【浮腫み】の原因は水分にあったのです。
では一体、何がどうなると浮腫みが発生してしまうのでしょうか?

 ・水分を摂り過ぎる
 ・水分を摂らな過ぎる(逆に水分を蓄えようとする)
 ・塩分を摂り過ぎる
 ・筋力が低下し、水分を排出する力がなくなる
 ・ホルモンバランスが崩れる
 ・腎臓や内臓の働きが低下する

等が原因として挙げられます。
また浮腫んだ状態では、細胞レベルの不調だけでなく

 ・のどが渇く
 ・体が冷える
 ・アレルギー等の症状が出やすくなる
 ・代謝が悪くなる
 ・循環機能が衰える

といった自覚症状もでてきます。

逆にとらえると

【体内の水分環境を良くすることで、体調も生体機能も改善される】

ということになります。
またその結果として、ダイエットの効果も出やすくなります。






上手な水分摂取の仕方

一日に摂取すべき水分量の目安は、

 男性: 体重×50(cc)
 女性: 体重×40(cc)

と言われています。

食材にも水分は含まれていますので
実際に水として摂取する量は1.5リットルから2リットルくらいになります。
また、

 ”一度に飲む量はコップ1杯程度”

とよく言われますが、
これは胃が20分で200ml程度の水分を吸収するため、
それ以上の水分を一度に摂取すると胃に負担が掛かってしまうためです。

更に、水分摂取の際はできるだけ体の循環に適した飲料を選ぶよう心がけましょう。
果汁100%ジュースや野菜ジュースは体に良いと思われがちですが、
ストレートでない濃縮還元のものや、味が調整されたものは
塩分量も糖分量も多いため、あまりお勧めできません。
可能な限り 水 または お茶
を飲むように心がけてください。






水分を排出させる方法

水分を溜め込まずにうまく排出させるには一般に、

 ○水分を循環させる
  …適度に運動をして筋肉を動かす
  …マッサージをして老廃物や水分を流し、滞りを改善する

 ○汗をだす
  …運動をする(できれば有酸素運動が好ましい)
  …半身浴や岩盤浴やサウナに入る

 ○代謝を上げる
  …体を冷やす食べ物や飲み物をとらないよう心がける
  …温かい格好を心がける
  …半身浴をする

 ○尿を出す
  …利尿作用にあるもの(コーヒーやお茶)を飲む
  …水分をこまめに摂取する
  …カリウム(果物や野菜)を摂取する

等の対策が挙げられます。






まとめ

ポイントは以下のとおりです。

【水分が不足すると人体に悪影響がでる】
【水分が溜まっても人体に悪影響がでる】
【浮腫みの原因は水分と老廃物が細胞内に溜まり、細胞が肥大化することである】
【ダイエットを停滞させるセルライトが生成される原因は浮腫みである】
【体の水分環境をよくすることで、体の機能も改善されダイエットの効果も上がる】

しっかりと意識して、水分コントーロールしていきましょう。


【おすすめ記事】

10kg以上痩せた!【実録】ダイエット成功者の体験談

下剤・利尿剤で痩せる!効果は?リスクを抑える方法は?

エステは痩せない?効果あるのか?→10社の格安体験した結果・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

10社以上試した中で最も効果があった エステ格安体験はこれ↓↓